はがき テンプレート 55
はがき・切手の販売
よくあるお問合せ

よくあるお問合せ

ワード テンプレート データの使い方
テクニカルアドバイス


テンプレートにお使い下さい。
文例集


テンプレートにお使い下さい。
季節の挨拶文


■ 役所での手続きについて


一般的に必要な役所への手続きを挙げてみました。
二度手間にならないように、一度で済ませましょう。
全国役所一覧はコチラ

●引越し前にすること

住民転出届
引越しの14日前から引越しするまでの期間に、本人が届け出る必要があります。(代理人の場合は委任状が必要)役所にある移転届と転出証明書に記載し、引越し前に住んでいた市役所・町村役場に届けます。届け人の印鑑が必要になります。ここで転出証明書をもらいます。この転出証明書は、引越後に役所へ転入届を出す際に必要になりますので、保存しておくようにしましょう。

国民健康保険の住所変更
引越しの14日前から引越しするまでの期間に、国民健康保険証、印鑑、転出証明書を持参します。住民転出届を出した後に、続いて手続きを済ませると時間の節約ができます。
  会社にお勤めの方は、たいていは会社で住所変更の手続きをすることができます。

国民年金の住所変更
引越しの14日前から引越しするまでの期間に、国民年金手帳、印鑑、転出証明書を持参します。住民転出届を出した後に続いて手続きを済ませましょう。
  会社にお勤めの方は、たいていは会社で住所変更の手続きをすることができます。

福祉関係の変更
乳児医療、児童手当、老人医療、敬老年金の受給者は、印鑑、転出証明書を持参して届けて下さい。住民転出届を出した後に、続いて手続きを済ませましょう。

印鑑登録廃止
実印と身分を証明できるものを持参して届けましょう。代理人が手続きを行う場合は、委任状が必要になります。住民転出届を出した後に続いて手続きを済ませましょう。
  会社にお勤めの方は、たいていは会社で住所変更の手続きをすることができます。

ペットの手続き
市役所、町村役場の保健所に印鑑、旧鑑札、予防接種済書を提出して下さい。住民転出届を出した後に、続いて手続きを済ませましょう。

●引越し後にすること

二度手間にならないように、一度にすべて済ませましょう。
住民転入届
引越し後、14日以内に届ける必要があります。引越し先の市役所・町役場に届けます。役所所定の届用紙、引越し前の役所でもらった転出証明書、印鑑、身分証明書、就学前の子供がいる方は母子健康手帳も必要です。

国民健康保険
引越し後、14日以内に引越し先の市役所・町役場に届ける必要があります。国民健康保険証と印鑑、身分証明ができるものが必要です。住民転入届を出した後に、続いて手続きを済ませましょう。

国民年金
引越し後、なるべく早めに引越し先の市役所・町役場に届けましょう。国民年金手帳と印鑑、身分証明ができるものが必要です。住民転入届を出した後に、続いて手続きを済ませましょう。

福祉関連の届け
医療証、健康保険証、印鑑を持参して引越し後、なるべく早めに引越し先の市役所・町役場に届けましょう。住民転入届を出した後に、続いて手続きを済ませましょう。

印鑑登録
住民転入届を行う際に、併せて印鑑登録を行うと1回の手間で済みます。登録用の印鑑を持参して引越し先の市役所・町役場に届けます。

学校転入届
引越し前の学校で受け取った在学証明書、教科書給与証明書を、引越し先の市役所・町役場へ提出します。役所への転入学届けは、住民転入届を出した後に続いて手続きを済ませましょう。その後、新住所の学校長に届け、学校で手続きを行います。



 
Copyright© 2011 ◆ 名刺・はがき テンプレートのサイト ◆ All Rights Reserved.